・公演詳細≪information≫

・チケット一般発売≪7月1日(日)〜≫

・サポーター募集≪supporter≫

・企画・チケットへの問い合わせ≪ticket≫

2008年03月13日

企画を終えてA

お久しぶりです、斎藤です。

ブログを再開したのに半年も放置してしまいました・・・。
いやぁ、色んなことが忙しくて、すみません。

で、3月13日にまた密かにアップ。

前回は感謝の言葉を述べさせていただきました。

今回からは様々な苦労、裏話などを書こうと思います。


Vampire Killerは日本から役者を二名連れて行き、
台湾の役者四名を現地で加え、台湾で創作した作品です。

海外で共同創作をする場合、問題なのは言葉の壁です。

企画として台湾、日本で上演する事が決まっていたため、
どちらの国で上演しても理解できる作品でないといけません。

お互いの言葉を英語にして上演する事も考えました。
字幕を入れて、台湾、日本ともにフォローしようか?という話にもなりました。

しかし、Afro13には2004年にイギリスのエジンバラでほぼ日本語のみ(2割ほど英語を使用)の作品を上演し、
言葉ではなく、その場の空気などを上手く使い、お客さんに理解してもらう方法論を確立してました。
なので、字幕や英語に頼るのではなく、演劇の武器である「ライブ感」を最大限に活かした方法を考えました。

そこで考えついたのが、台湾の役者は台湾語をしゃべり、日本の役者は日本語をしゃべる「バイリンガルライブ」でした。

さらに物語の設定をうまく創れば、言葉の違う者同士の会話も成り立たせれる事ができ、
観ているお客さんにも十分伝えれる事ができると確信しました。

そして、そうやって作品を創っていく過程は、まさに自分達が台湾のみんなとコミュニケーションを取ろうとすることそのものであり、
実体験からくる架空の世界でのコミュニケーションの創作となったのです。

しかし、言葉の壁というのは想像以上に超えがたい、とも思いました。
日常レベルのコミュニケーションなら言葉というものはそんなに重要ではないかもしれません。
が、より込み入った会話を展開するにはやはり言葉の壁、生活環境の違いなどが足をひっぱりました。



posted by Afro13 at 10:10| Comment(1) | TrackBack(5) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

企画を終えて@

お久しぶりです、Afro13 斎藤です。
Vampire Killerを終えて丸1ヶ月がたちました。

で、13日の夜に密かにブログ再開。

誰が見てるかわかりませんが、「企画を終えて」の連載スタートです。
もし見たら、コメントでもどうぞ。
書いている僕の励みになります。

まずは、感謝の気持ちを。
Vampire Killer、観に来ていただいたお客様、本当に感謝です。
またこの企画に付き合ってくれたスタッフのみなさま、本当に感謝してます。
そして、辛い稽古からずっと付き合ってくれた役者の方々、本当に感謝!
で、喧嘩をしながらも作品を創りあげてくれた演出の佐々木さん、感謝感謝です。

僕のProduce作品としても、過去最高のチャレンジであり、過去最高の作品になったと思います。

本当に関わってくれた一人一人のおかげです。
いつかまた恩返しさせてください。
すごーく先になるとは思いますが・・・。

この企画を終えて1ヵ月、放心状態でした。
本当にやりきった企画だったので。

ではどんな困難や、どんなトラブルがあったのか?
そういう事をこれからゆっくり書いていこうかなと。
そして、いつの日かまた再演する時につなげたいと思います。

気長にお付き合い下さい!
ではではまた次回にご期待下さい。
posted by Afro13 at 22:53| Comment(6) | TrackBack(1) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

VK日本開幕!

Afro13 『Vampire Killer』

昨日は初日でした。
一階席に入りきらず、少し二階席も使うほどのたくさんのお客さんに来ていただきました。
本当に来てくれたお客様、ありがとうございました。

昨年3月に企画
5月に台湾に滞在し創作
6月に台湾で上演
8月に日本で上演

長かったこの企画も残すところあと2日です。

『言葉がわからなくてもこんなに気持ちは伝わるんですね』

これはあるお客さんのアンケートの言葉です。
ほんと、嘘のようなほんまの話。
ぜひぜひ体験してみてください。
では劇場でお待ちしています!

p.s.
舞台を観た感想など、気軽にコメント欄に書き込みください!
台湾のキャストも見てるので励みになります。
(彼らは翻訳サイトでこのブログを訳して見ているらしい)
お待ちしてま〜す。
posted by Afro13 at 10:37| Comment(12) | TrackBack(1) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

台湾との交流

いよいよ今日から稽古開始。
black chamber内で稽古をしております。

久しぶりに再会するキャスト同士。
こないだまでは台湾で、今回は日本で。
なんとなく不思議な感じ。

この企画を通して台湾とのより深い交流をしている。
普段なら気づかない事までお互いに考えたり。

台湾人は本当に優しい。
世界でもトップクラスの親日の国だと思う。

でも、そんな彼らともやはり僕らは違うんだと認識する。
言葉、文化背景、育ってきた環境・・・。
どれをとってもやはり違うんだと再認識。

僕は言葉は通じなくてもお互いにコミュニケーションは取れると思ってる。
でも、より深く通じ合うのはかなり難しいと感じている。

例えば、生き死にがかかった状況で、
親友くらいの付き合いである海外の人間を信じるか、
まったくの他人だけど、そこで出会った日本人を信じるか、
これってけっこう究極の選択だと思う。

普通なら言葉の通じる日本人を選ぶのではないかな?

僕たちは今、それくらい極限の状態でも
台湾のキャストを信じ、舞台を創ろうとしている。
というか、そういう信頼関係を作らないと、舞台が創れない。
で、そういう信頼関係を作るには、
まずはお互いが色んな意味で違う!という事に気づく必要があると思う。

今回の企画で理解した事。
でも、これを理解せず、お互いに同じだと勘違いすると、
極限の状態では信頼関係は作れないのではないか?

そんな事を思いながら久しぶりの稽古を見てる。

いよいよ今週末に本番。
お時間ある方はぜひ観に来てください!!!
posted by Afro13 at 17:07| Comment(4) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

まもなく開催!

お久しぶりです、斎藤です。
いよいよ来週には台湾キャストが日本入り。
数日の稽古を挟んで、10日から本番開始!
この間、役者達は台湾での本番映像を見て、稽古を重ねて来ました。
ゆえに日本では台湾よりもパワーアップした作品をお見せできると思います。
ぜひぜひお楽しみに!

チケットはまだまだ好評発売中です。
今回は実験的にチケットをデータにて送付しています。
もしまだチケットがメールで届いてなければAfro13まで連絡ください。

夏本番、暑い毎日が続きますが、Afro13の作品をぜひお見逃しなく!
posted by Afro13 at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

6月11日無事に終了@台湾

台湾Live、無事に終了しました。

毎回たくさんのお客さんに観てもらい、
様々な好評をいただきました。
最終日は入りきれないお客さんもいたりで、
お断りしたお客様、本当に申し訳なかったです・・・。

長かった台湾滞在も残り3日。
出演者のみなさん、スタッフのみなさん、関係者のみなさん
本当にお疲れ様でした。
そしてお客様!
毎回たくさんの喜怒哀楽の表情が見れました。
この企画を行なって本当に良かったなぁと思いました。

次は8月に大阪です。
さらにクオリティをあげて、凱旋したいと思います。

今後も様々な情報をここにUPしていきま〜す。
お見逃しなく。
posted by Afro13 at 16:46| Comment(3) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

6月10日千穐楽

Afro13&劇楽部 『Vampire Killer』

いよいよ今日の2:30のLliveで台湾千穐楽です。
長かったようで短かった1ヶ月。
ほんと、色んな事がありました。

今日はその全てをぶつけたい!
僕はスタッフですが、客席後方からその気持ちを役者に!

作品としては本当に素敵な感じになってきました。
台湾のお客さんの反応もかなりいい感じです。

お客さんの感想(中国語ですが・・・)

本番を観ながら、「気持ち」のすごさを再確認。
身体から発散されるオーラって生だとリアルに伝わります。
海外で舞台をすると余計に感じる。
それは役者が言葉に頼らず演技をしてるから。
伝えれる武器は「気持ち」しかないから。
で、それは台湾の役者も同じなんです。
だって、観てる演出(日本人なんで)に伝えるには言葉に頼れないから。

ノンバーバルコミュニケーション!

舞台の一番すごい部分だと、僕は、思っています。
音楽でも、映画でも、小説でもなく、僕は舞台で海外に挑戦。
それが一番すごいものを創れるメディアだと思っているので。

ではではまた。
劇場で会いましょう。

いってきます!
posted by Afro13 at 10:18| Comment(1) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

6月9日いざ二日目!

P6080017.JPG昨日は無事に初日を迎えました。
たくさんのお客さんにも来てもらいました。
ありがとうございます!!!

今日は2日目、2回本番。

よっし、頑張ろう。
写真は昨日新聞に載った記事。
Chaina Timesに写真入りで載せてもらいました。
これでさらにお客さんが増える?

期待してます。
posted by Afro13 at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

6月8日初日を迎えます

いよいよ今日は初日。


2006年3月:台湾にてこの企画の話を持ちかけられる。

2006年8月:大阪にてJennyと詳細を決める

2007年5月:台湾到着

2007年5月:台湾にて創作・稽古

2007年6月:ついに本番!


長い期間かけて創った作品をいよいよ公開。
Afro13初の試み、バイリンガルライブ!
台湾の方はどんな反応なのか?
ある意味楽しみ、ある意味不安。

あとはガッツンやるだけですよ。


やりたいことをやりたいようにやってきました。
日本のやり方、台湾のやり方、Afro13のやり方、劇楽部のやり方。
様々に違います。

舞台を創る、稽古をする、劇場で準備する、打ち合わせする。
全てが様々に違います。
同じ事なんて何一つないかもしれません。
その違いを知り、お互いに話し合い、妥協することなく企画を進める。

唯一同じなのは、いい作品を創りたいって気持ちだけかと。


言葉がうまく伝わらず理解に苦しむ人。
やり方が合わず要望に答えれない悔しさで泣く人。
身体は限界に近いのに深夜まで稽古をする人。
慣れない動きで身体のあちこちが痛い人。

それでもみんなを動かすのは、いい作品にしたいから。


久しぶりにこんな作品創りをしています。

長時間稽古するのがいい、とは思いません。
身体を酷使すればいい、とは思いません。
限りある時間でいい作品を創るのがプロだと思います。


でも、学生の頃のように全てをかけて、
必死に創るものは時にプロ以上の作品になり得ます。
時間をかけれるだけかけ、限界に近い作品のオーラは半端ないです。


どっちがいいとかではないんだと。
ただ、今回はこういう作品創りであり、いい環境だと思ってます。

やりたいことをやりたいように。
みんながそれぞれそう考え創った作品です。
あとはたくさんの人に観てもらいたいと思います。
posted by Afro13 at 05:01| Comment(1) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

6月7日記者発表!

ここしばらく毎日雨っす。
あー、しんどい。
晴れろ〜。

今日は小屋入り三日目。
記者発表です。

プレスの方々が小屋に来て、パフォーマンスを見ます。
今日のテレビとか、明日の新聞に掲載されるみたい。

ガツンと言わせてやろう。

毎日9時〜21時で小屋入り。
その後、劇楽部で1時くらいまで稽古・・・。
役者のみなさん、そろそろ体力・精神的に限界?!

でも、気力がすごい。
クオリティを上げるために、それぞれが限界に挑んでます。
その気迫はほんと、圧倒される。

って言いながらも、体調管理をするのは僕の仕事。
あまりにも稽古が終わらないので、演出を止める。

うん、Afro13らしい稽古場です。

終わりなき演出の要求。
そこにどこまでも食いつこうとする役者。
様々な形でフォローするスタッフ。

全てが限界へのチャレンジ。

その時、本当にすごい作品が観れるんだと思います。
明日から、いよいよ台湾で本番。
台湾にすんでいる方、旅行に来てる方、ぜひ観に来て下さい!!!
posted by Afro13 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

6月5日仕込み

天気はあいにくの雨、ってかどしゃ降り。
でも、何とか無事に搬入終了。

照明、客席創り、舞台創り、ほぼ無事終了。
若干舞台美術の事で難航中。

台湾の方とうまくイメージの刷りあわせができてない感じ。
うーん、あんなに打ち合わせしたのになぁ。
意外なとこで言葉の壁を感じる。
でも、これはもう言葉ではなく、感性の壁か?!

ま、明日には何とかなるでしょう。

小屋入り2日目。
怪我のないように気をつけましょう。
posted by Afro13 at 06:05| Comment(1) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

6月4日小屋入り前日

いよいよ明日から小屋入り。

7:40劇楽部集合。

現在、5:00・・・。

寝れないのは確実ですな。

5年前は小屋というよりは講演会場みたいな舞台でした。
横幅が以上に広い舞台。

今回は小劇場です。
若干、機材とか古いらしいですが、舞台はいい感じ。
その昔は少年王者館とかも使用した事があるそうな。

日台共同創作。

たくさんのお客さんに観てもらいたいもんです。
posted by Afro13 at 06:03| Comment(1) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

6月2日時間が・・・

いよいよ来週は小屋入り。
ちょっと早めの火曜日から小屋入り。
仕込みに若干余裕があります。
ただ、かなりの照明を仕込む予定で、あまり時間はありません。
あの小さい劇場にムービングを6台を持ち込むのは
僕らが最初で最後なのではないでしょうか?

ま、この企画、「照明はぜひ浜崎さんに」というリクエストから始まってますか
ら。
5年前、台湾の関係者が一番驚いたのがムービング技術だったんですね。
(いや、舞台自体もけっこう良かったんですよ、演出はぜひ佐々木さん!って言
われたわけだし)

それを受けて、今回も仕事を引き受けてくれた浜崎さん、やる気です!

そんなこんなで時間が足りません。
いや、小屋入りしたら大丈夫だろう。
足りないのは、僕の時間か・・・。

明日はスケジュールの打ち合わせ。
驚いた事に5日、6日は台湾役者は夕方までいません!
お仕事だそうです、そりゃ仕方ない。
国の違いを受け入れながら、最高の作品を創るのがプロ!
日本のやり方が全て正しいわけではない。

少ない時間を最大有効活用!
その中でできる最高の作品を。

あー、タイムマシンが欲しい。


=今日の台湾語=

ダンゴォアン : 照明

台湾の小劇場のスタッフワークはまだまだ発展途上みたいです。
posted by Afro13 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

6月1日最後の稽古休み

今日は最後の稽古休みの日。
ま、僕にはあまり関係ないですが。
だって常に稽古場でデスクワークなんで・・・。

夕方、家に帰ってシャワーをあびる。
佐々木さんがいたので、久しぶりに一緒にご飯を食べに。

『盛園』という小龍包のお店に行きました。
中正記念堂の近くにあるんですが、かなりおいしいお店です。
県泰豊より全然おいしいです。
この界隈はほんま、おいしい小龍包のお店が多い。

そして、安いのがいい!
二人で腹いっぱい食べて、ビールもちょっと飲んで。
合計2000円くらい。
台湾最高、住みたいわー。

夕方は舞台美術の打ち合わせ。
やっと形が決まりました。
あとは現場合わせですな、どうなるんだろう?


=今日の台湾語=

シャオロンパオ : 小龍包

若干違いますが、かなり日本語に近い言葉。外来日本語でしょう。
posted by Afro13 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

5月31日初通し

今日はついに通しをしました。
22:45より通しスタート。

初通しにしては良かったんじゃないかと。

僕はそう思いました。
Jennyもいい感想でしたし。

よっし、何とか形はできてきた。
ここからさらにクオリティを高めてもらたい!!!

通しの様子はまた何かしらお知らせできればと。
本番まであと1週間。


=今日の台湾語=

ジュェンパイ : 通し

これはすっげー発音難しい・・・。
posted by Afro13 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

5月30日歓迎Party

今日は稽古が休みだったので、小道具を買いに。
制作&演出助手&小道具・・・、もはや何でも屋ですな。

まっつんに教えてもらった布だけを売っているビルに行く。
ほんま、そのまんま布だけを売ってるビルがあった!
すごいなぁ、こんなんがあるんだ。

そこで、佐々木さんのイメージの布を探す。

ありました、絶対これ!って奴が。
一応電話でも確認。
で、とりあえずサンプルを買って帰る。
予想通り、イメージ通りでした。

夜は浜崎さんの歓迎Party。
稽古場の近くのオシャレなカフェにて。
みんなでおいしいご飯を食べました。

で、水タバコを初体験!!!

いやぁ、なんかすごかった。
タバコみたいに臭くないので、いい感じ。
あれは女の子もはまるんだろうね。
ただ、長時間吸うので、身体には悪いらしい。

喫煙はほどほどに、ですね。


=今日の台湾語=

シャンイェン : タバコ

僕は禁煙家ですけどね。
posted by Afro13 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

5月29日劇場

P5290005.JPG今日は14時から浜崎さんと劇場見学。
なんだかんだ、僕は初めて劇場を見ました。

皇冠小劇場!!!

なんというか、きちんとした小劇場。
5年前はね、講演会をするような場所だったので。
P5290003.JPGなんかすごくうれしいです。

客席もしっかり段差であるし、舞台も広い。
いい感じの小劇場。
大阪で言うと、ちょっと広いダンスボックス(db)って感じでしょうか?

劇場はビルの地下。
P5290004.JPGビルの上には出版社が入ってるみたい。
ロビーの柱みたいなのは、雑誌を積み上げたオブジェ。
なんかアートな雰囲気。

夜は19:30より稽古。
僕は音出しをしたり、たまにアドバイスをしたり。

で、夜中に舞台美術の方と打ち合わせ。
今までも何回か打ち合わせをしてるが、なかなか通じ合わない。
演出と舞台美術の感性がなんとなくチグハグ。
佐々木さん、言いたい事を言う!
舞台美術の方、反応するが、???な感じ。
その後、劇楽部のAsanさんがじっくり話してました。
次の打ち合わせはもっと濃厚な時間になりますように。

夜中にお粥のお店に行きました。
朝の6時までやってるお店。
なかなかおいしかった、平均点高し!って感じ。


=今日の台湾語=

ユィジョウ : 宇宙

Afro13は宇宙を目指しています。
posted by Afro13 at 23:29| Comment(1) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

5月28日浜崎さん

昨晩、照明の浜崎さんが台湾入り!!!
これでキャスト、スタッフはほぼ全員集合。
(本番のみ手伝ってくれる日本のスタッフも若干います、ありがたい)

今日はお昼、久しぶりに外に。
最近パソコン作業ばっかしてたからなぁ。

昼ご飯を台湾の友人と食べに行きました。
CHAI FOUND MUSIC WORKSHOPの黄さん、林さんと。
こないだ国家音楽廟にコンサートを観に行ったカンパニーの方です。

なんとなく高級な感じの台湾料理のお店に。
おいしいものをたくさんご馳走になりました。
こういうふうに各国に友人が増えるのは楽しいです!

その後黄さん、林さんはテレビのトーク番組に出るとの事でお別れ。
もしかして、台湾ではそこそこ地位のある方なのかも?

夕方からは稽古。
各シーンをより深めていきます。

今日は通訳をしてくれていたRinaさんが休み。
演出の佐々木さんは大変そう。
なんとなくの英語で伝えたい事を伝える。

時には自分で演技しながら。
時には僕らでも意味不明な日本語を使いながら。

でも伝えたい事は伝わっていると思います。
稽古を見てるとそう感じます。

いい作品を創りたい気持ちは万国共通なので。


=今日の台湾語=

ショウジュイ : 領収書

買い物をする時は常にこれをもらいます。観光ではなく、舞台創作なので。
posted by Afro13 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

5月27日気持ち

今日は13時より劇楽部で稽古。

まずはシーンごとの整理。
その後16時すぎから通し稽古をしました。

うん、なんとなく流れは良くなってきた気がします。
ストーリーとして、作品として、いい部分が多くなった。

昨日の稽古から全体の集中力が高くなった気がします。
改めて、いいメンバーで作品作りができているなぁって思います。

役者はむっちゃ能力の高い役者!ってわけではない。
(むっちゃ能力高いってのは、例えば大竹しのぶのようなって意味で)

でも、気持ちを表に出すって点では素敵な役者ばかりだと。

案外、Afro13の作品にはその部分が最も必要な部分だったり。
案外、言葉の伝わらない人に伝えるにはその部分が必要だったり。

本番が楽しみ!


=今日の台湾語=

ユエタイ : プラットホーム

地下鉄でよく見る漢字≪月台≫の読み方
posted by Afro13 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

5月26日Don't worry

今日は8時よりまたヘアサロンに行きました。
エツ子、まっつんの3人で。

僕とまっつんは舞台関係ないのに髪を切ってもらいました!
なんで?って。
だって切りたかったから。
Cocoさん、センス良さそうだったし。

切り終わって、かなりサッパリしました。
よっし、これで仕事も頑張れる。

13時から稽古。
シーンのつなぎや、伝える事などを整理。
その途中、前に稽古した段取りをある役者が忘れてた時、

佐々木さん、いきなりキレる!
稽古場に響く怒号。

これには台湾の方はもちろん、日本の役者も驚愕!
佐々木さんは時々、感情に任せマジギレするんです。
いや、怒る正当性は全然あるんですよ。
自分の作品のクオリティを上げるために許せない事にはマジギレします。

僕や、昔からAfro13に関わっている人は大丈夫だろうけど、
初めてこれを体験したらそら驚愕するよね。
ほんま、「殺される?!」って思うような殺気でキレるから。

そして、こういう時って、言葉が伝わらなくてもみんな察するんよね。
明らかにその後から稽古の空気が変わりました。
僕としてはいい感じの稽古に変わりました。
普通の人にとったら、なんかピリピリして嫌な空気なんだろうけど・・・。

稽古が終わって、Ruruやみんなとご飯を食べに行く。
Ruruは今日の佐々木さんにかなり驚いたよう。
「演出に怒られた、私はやはりダメな役者です・・・。」
って落ち込んでた。
ので、
「佐々木さんはダメな役者には怒らない、期待してるから怒るんだよ」
って言うと、
「本当に?」
って心配してた。

うん、心配することはない。
彼がキレだしたって事は、全体が良くなってきている証拠。

自信を持って、この作品を創ろう!


=今日の台湾語=

シィジュイ :  劇・芝居

最高の舞台を!
posted by Afro13 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Producer's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。